絵本のご紹介

岩崎ちひろ(いわさき ちひろ)

 

1918年福井県武生市(現・越前市)に生まれ、東京で育つ。1949年、紙芝居『お母さんの話』を出版、翌年文部大臣賞受賞。1968年至光社での第1作『あめのひのおるすばん』を出版、以後毎年一冊ずつ意欲的に制作。
1973年『ことりのくるひ』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。1974年逝去。 

「あめのひの おるすばん」
絵:岩崎ちひろ
文:岩崎ちひろ

 

シリーズ:いわさきちひろの絵本
受賞:

 

雨の日に留守番をする幼い少女の目に、そして胸に去来する一瞬一瞬のイメージが、繊細な水彩画と簡潔なことばによって、鮮やかにとらえられている。

税込価格: ¥1,320
(本体価格:¥1,200)
発行年: 1968年

ISBN:978-4-7834-0019-6
ISBN:4-7834-0019-9

「あかちゃんの くるひ」
絵:岩崎ちひろ
文:岩崎ちひろ

 

シリーズ:いわさきちひろの絵本
受賞:

 

あかちゃんが生まれた、私はお姉さんになった-この事実を受け止め、納得しようと揺れ動く幼い主人公の心が、淡い水彩の絵に託されている。

税込価格: ¥1,320
(本体価格:¥1,200)
発行年: 1970年

ISBN:978-4-7834-0033-2
ISBN:4-7834-0033-4

「となりに きたこ」
絵:岩崎ちひろ
文:岩崎ちひろ

 

シリーズ:いわさきちひろの絵本
受賞:

 

隣りに引越してきた子、どんな子?気になりながらも、なかなか友達になるきっかけのできない二人。微妙な子どもたちの心理が淡いパステルで描かれている。

税込価格: ¥1,320
(本体価格:¥1,200)
発行年: 1971年

ISBN:978-4-7834-0039-4
ISBN:4-7834-0039-3
Copyright(c) SHIKO-SHA All Rights Reserved