絵本のご紹介

篠崎三朗(しのざき みつお)

 

1937年福島県生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィック専攻科卒。グラフィックデザイナー、イラストレーターとして広告デザインやレイアウトなどの仕事を経てフリーに。1990年『あかいかさ』がはじめての絵本。
『おかあさんぼくできたよ』はミュンヘン児童図書館にて価値のある絵本として選ばれる。 

「あかい かさ」
絵:篠崎三朗
文:篠崎三朗

 

シリーズ:篠崎三朗の絵本
受賞:

 

雨の日に海にでかけた女の子。おかあさんのあかいかさといっしょに、音の世界を通ってやがて海の中へ。そして、雨あがりの水平線にみたものは…。

税込価格: ¥1,175
(本体価格:¥1,068)
発行年: 1990年

ISBN:978-4-7834-0191-9
ISBN:4-7834-0191-8

「おかあさんぼくできたよ」
絵:篠崎三朗
文:篠崎三朗

 

シリーズ:篠崎三朗の絵本
受賞:

 

くじらの子がひとりでお散歩。「ようし!」と元気に何をするのかな。ほとんど文のない、自分でお話をつくりながら遊べる、想像ふくらむ絵本。

税込価格: ¥1,210
(本体価格:¥1,100)
発行年: 2001年

ISBN:978-4-7834-0269-5
ISBN:4-7834-0269-8

「こだぬきの おねがい」
絵:篠崎三朗
文:山崎陽子

 

シリーズ:篠崎三朗の絵本
受賞:

 

鉄砲名人の善造が捕まえたのは、狸の親子。母狸の願いで子狸は逃がしてやりましたが、その夜、子狸がやって来て…。手をあわせる子狸の姿にほろりとする昔話。

税込価格: ¥1,210
(本体価格:¥1,100)
発行年: 2002年

ISBN:978-4-7834-0277-0
ISBN:4-7834-0277-9
Copyright(c) SHIKO-SHA All Rights Reserved