こどものせかい
  2018  
みみこの おひるね

河原まり子・絵と文

みみこはちいさなミミズの子。みみこはどこかな? いたいた、葉っぱの下で眠ってる。みんなが起こそうとしても、みみこはぐっすり眠ってる。みんなもつられて、眠くなる。秋の森の中にひろがるしずかな寝息が心地よい、みみこの絵本続編。

​別冊「にじのひろば」/特集:おこす

​​執筆者:ドメニコ・ヴィタリ(日本二十六聖人記念館 館長)/大平一枝(ライター、エッセイスト)/田中宏和(同姓同名収集家)

 
 
きょうも げんきで ハーイ タッチ

篠崎三朗・絵と文

おひさまからはじまり、家庭の身近なもの、園での先生がたやお友だちと、手と手をあわせてのごあいさつ「ハーイ タッチ」。手のぬくもりが心と心をつなげます。新しい出会いが広がる4月、おひさまの光、神さまの見守りのなかにある安心とよろこびを感じてください。

別冊「にじのひろば」/特集:タッチ

執筆者:梅村昌弘(カトリック横浜教区司教)/石川直樹(写真家)/のぐちようこ(デザイナー)

 
やさしい マリアさま

矢野滋子・絵 景山あき子・文

マリアさまは、イエスさまのお母さん。そして、私たちみんなの天のお母さんです。マリアさまと子どものイエスさまの1日は、どんなだったのでしょう。神さまに守られ、感謝する心にあふれています。

別冊「にじのひろば」/特集:あげる
 

執筆者:片柳弘史(イエズス会司祭)/木村衣有子(文筆家)/佐藤邦昭(元・小学校教員)

 
 
みんな みんな いそがしい

小渕もも・絵と文

子どもの「ねえ、なにしてるの?」の問いかけは、興味と発見でいっぱいです。自分のまわりにあるものをじっと観察し、たくさんのことを吸収し成長していく姿。「いそがしい」は楽しいことがいっぱいなことなのですね。

別冊「にじのひろば」/特集:いそがしい

執筆者:乾 盛夫(鳴門聖母幼稚園)/金田一秀穂(杏林大学外国語学部教授)/武市菜穂子(パート)

 
 
しずかな みずうみ

山﨑優子・絵と文

森にかこまれた静かな湖は、空ととてもなかよしです。ちいさな舟を、そっとこぎ出してみましょう―自らの心ふるえた体験を絵筆にのせて描く画家。自然のなかで聞いた生命の声に耳をすますと、いろいろなものが見えてきます。

別冊「にじのひろば」/特集:つる
 

​​執筆者:久松英二(大学教員)/いしいしんじ(作家)/中島久枝(時代小説作家)

 
 
おひさまの はな

室井さとこ・絵と文

ありたちが元気いっぱいに、ひまわり畑に歩いていきます。おおきなひまわりの根元のうす暗いなかで、ちいさなひまわりを見つけると…。太陽はみんなを照らしてる―作者の想いが、ありたちのすてきな冒険を生みました。

​別冊「にじのひろば」/特集:なつ

​​執筆者:来住英俊(カトリック司祭)/渡 洋子(童話作家)/堀 直也(エコサーファー冒険くらぶ・代表)

 
 
おじいちゃんの いす

奥村かよこ・絵と文

「おじいちゃんは星になったんだって。本当かな。会いたいな」すると、おじいちゃんがいつも座っていた椅子がカタカタ動き出して…星の世界へ!嵐のなか椅子に抱きしめられていると…。おじいちゃんと孫の想いがあたたかく描かれます。

​別冊「にじのひろば」/特集:つける

​​執筆者:山﨑優子(絵本作家)/林 正人(カトリック東京教区・司祭)/片山虎之助(蕎麦Web編集長)

 
 
みみこの おひるね

河原まり子・絵と文

みみこはちいさなミミズの子。みみこはどこかな? いたいた、葉っぱの下で眠ってる。みんなが起こそうとしても、みみこはぐっすり眠ってる。みんなもつられて、眠くなる。秋の森の中にひろがるしずかな寝息が心地よい、みみこの絵本続編。

​別冊「にじのひろば」/特集:おこす

​​執筆者:ドメニコ・ヴィタリ(日本二十六聖人記念館 館長)/大平一枝(ライター、エッセイスト)/田中宏和(同姓同名収集家)

 
 
みんな げんきです

杉田 豊・絵と文

風にはこばれた花の子どもたちから、花の両親のもとへ、元気なお便りが届きます。寒いところに咲く花、暑いところ、海のそば…それぞれの咲く場所。ちいさな生命を大切にする作者のあたたかい心が息づいています。

別冊「にじのひろば」/特集:ないしょ​​

執筆者:李 相源(カトリック司祭)/おのちよ(画家・絵本作家)/甲田美香子(こども園保育教諭)

 
​たびにでた ろうそく

牧村慶子・絵と文

自分が何者なのかわからなくなってしまった ろうそくは、ある日旅に出ます。出会ったフォークやスプーンのようには働けず、途方にくれ雪の中で倒れてしまいます。気がつくと自分のまわりが明るくなっていて…。クリスマスの絵本。

​別冊「にじのひろば」/特集:未定

執筆者:未定

 
せかいでいちばんはじめのおはなし

三好碩也・絵と文

旧約聖書の天地創造のお話。黒を基調にした印象的な絵で、神さまがおつくりになったせかいのはじまりを語ります。月曜日から日曜日の1週間がどんなふうに生まれたか。感性にしみわたる古典絵本です。

​別冊「にじのひろば」/特集:未定

執筆者:未定

 
ぶどうしゅが いっぱい

井口文秀・絵 佐久間 彪・文

新約聖書の「カナの婚宴」(ヨハネによる福音書2章)を主題に、結婚式の宴会で水をぶどう酒に変えられた、イエスさまの奇跡を描いた絵本。美しいことばと絵で、イエスさまとマリアさまを生き生きと感じることでしょう。

別冊「にじのひろば」/特集:未定

執筆者:未定

 
 
​うーうー かんかん どんくまさん

柿本幸造・絵 蔵冨千鶴子・文

やさしくて、からだが大きくて力持ち。失敗もするけれど、いつも一生懸命などんくまさん。今回は、消防士になって大活躍! 真っ赤な消防車に乗りたくて、むずかしいお仕事もたくさん練習するどんくまさんを応援しましょう。

​別冊「にじのひろば」/特集:未定

執筆者:未定

 

かみさまに はじめて きがつく えほん

えほんを通して、こどもたちが かみさまに きづく たすけ(きっかけ) になるよう、このマークのついた絵本は、とくに神さまへの思いを深く こめて制作されています。

別冊 にじのひろば おとうさま おかあさま 先生がたに―
矢崎節夫、城貴司、まつむらまさこによる連載エッセイ、Sr. 景山あき子のおいのりのコーナーのほか、さまざまな分野でご活躍の方々による特集ページなど、育児や園生活のあいまにほっと一息ついていただけるような文と画を集めた小冊子です。

※ 制作の都合で、このプログラムが変わることもございます。

最新プログラムを印刷するにはAdobe Readerが必用です。

Copyright(c) SHIKO-SHA All Rights Reserved